« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

なぞなぞ画像?

問題) 下の画像は何でしょう?

なぞなぞ画像?

▲これでもまだマシな写真です。

先週(先々週か?)横浜八景島シーパラダイスに行って来ました。

会社のプチ旅行みたいなもので行ったんですが、ふれあいラグーンがオープンする前の週に行ったので、そんなに混んでいなかったんだと思います。

私にとって初めての八景島だったので、結構楽しめました。

で、謎の画像の答えはこちら・・・。

なぞなぞ画像?

▲ウェッ ウェッ ウェッ ウェッ ウェッ ウェッ ウェッ ウェッ ウェッ・・・ウェェェェェェ~。 ←って・・・わかりますか?マニアックすぎ?

八景島といえばシロイルカですよね。

とっても可愛かったです。

イルカショーももちろん見たんですが、シロイルカのショーが本当に可愛かった。

別に飛んだり跳ねたりするわけではなかったけど、トレーナーのお兄さんお姉さんと一緒に泳ぎながらダンスしたり、愛嬌のあるポーズを決めたりしてくれます。

自分もあんなふうにイルカと泳げたらなぁって、思わず考えましたが、きっと客席から見ているよりもずっとずっとハードなんだと思うので、やっぱり観客のままでいいや~と思い直しました(^^;

|

ネパールチキンカレー

マサラカレー

▲初日のカレーは骨付きのまま食べました。

昨日の夕飯はカレーでした。

うちで最近食べているカレーは、香辛料(マサラ)をブレンドして作るものです。

私、普通のカレー…要するに市販されているカレールーを使うカレーを美味しく作ることが出来ないんですよ★

結婚してからこれまでに、数回しか作ったことがありません。

いろいろ試してるんですけどね~。

そんなこんなで試行錯誤している時に偶然出会ったネパールチキンカレーセット。

チキンカレーを作るのに必要なマサラ(香辛料)がすでに計量されていて、それを調理直前(?)にブレンドして使うってやつでした。

そのカレーが本当に美味しくて病み付きになっちゃったので、その後も何度か作っています。

今ではセットを買わなくても作れるようになりました。

今日はそのレシピをご紹介します。

マサラカレー

▲香辛料のほとんどは無印良品で手に入れています。写真左は作り置きしてある飴色玉ねぎ(玉ねぎ2個分)

* 材料 *

鶏もも肉骨付き ・・・ 800g (骨無しなら700g)

塩・コショウ ・・・ 少々

玉ねぎ ・・・ 2個

にんじん ・・・ 1本

トマト ・・・ 2個 (皮を剥いておくと口当たりが断然良くなります)

油 ・・・ 大さじ8 (私は目分量)

塩 ・・・ 大さじ1

水 ・・・ 500cc (今回はチキンスープストックがあったので、それを使いました)

※ジャガイモを加えるとやさしい味になります。

* 材料 マサラ *

コリアンダー ・・・ 6g

クミン ・・・ 4g

ターメリック ・・・ 2g (1gずつ別々に使います)

ガラムマサラ ・・・ 3g

チリ ・・・ 1~2g (それぞれに好みがありますから、適量を加えてください)

ガーリック ・・・ 3g

ジンジャー ・・・ 3g

* 作り方 *

1)鶏肉に塩・コショウ少々とターメリック1gをまぶしておきます。

マサラカレー

▲塩コショウは軽く下味を付ける程度です。

2)ガラムマサラ以外のマサラと塩大さじ1を混ぜておきます。

3)鍋に油を熱し、薄くスライスした玉ねぎを茶色になるまで良く炒めて、角切りのトマトを加えじっくり炒めます。

4)ペースト状になったら②のマサラを加え、なじませてから鶏肉を入れて良く混ぜます。

マサラカレー

▲あんまり良くない写真ですが、飴色玉ねぎと角切りトマトを加えてペーストにしている途中経過です。

<普通鍋で作る場合>

5)水500ccを加え、強火にかけて沸騰したら蓋をしないで20分煮込みます。

6)乱切りのにんじん(じゃがいもを入れる場合もここで投入)を加えて皿に10~15分煮て、野菜が柔らかくなったらガラムマサラを入れて更に5分煮こんで完成です。

<圧力鍋で作る場合>

5)水500ccと乱切りのにんじん(じゃがいも)を加えたら蓋をして強火にかけ、オモリが振れ始めてから5分煮こんで火を止めます。

6)圧力が自然に下がるのを待って蓋を開けてガラムマサラを加えて更に5分火にかけて完成です。

マサラカレー

▲そこらへんのインドカレー専門店にだって引けを取らない仕上がり!!(断言!)まぁ、これはネパールなんだけどサ。

* コツ *

○ 飴色玉ねぎは作り置きが可能なので、一気に大量に作っておいて、使いやすい分量に分けて冷凍保存しておくと便利です。ハンバーグに使うと美味しいです。

○ 飴色玉ねぎは強火で一気に作りましょう。本当の作り方は良くわからないけど、熱くても、腕の筋肉がプルプルしてきても、ガンガン強火で鍋底に焦げ付かないように木ベラなどでガンガングルグル掻き回して作りましょう!気合だっ!!

○トマトは皮を剥いておくと口当たりが良いです。

○香辛料って、デパートやスーパーで見かけるものって小さな小瓶に入っていてやたら高価ですよね?その点無印良品で手に入るホームメイドカレー(20人前)は21種類ものマサラが入っているのに620円と低価格!使わないマサラも入っていますが、丁寧な説明書が付いているので安心だと思います。

○今回は水ではなくチキンスープストック(冷凍保存可)を使いました。これは最近毎日のように食べているササミ料理で出る副産物です。

○ガラムマサラですが、今回は無印良品のホームメイドカレーの中で使わないマサラを工夫してブレンドしたものを使いました。ガラムマサラ(参考にしたのはエスビー製ガラムマサラ)に使われている材料は下記の通り。

こしょう・コリアンダー・赤唐辛子(チリ?)・カルダモン・クミン・クローブ・シナモン

配分こそわかりませんでしたが、何となく適当に混ぜちゃいました(^^;

とまぁ、コツなんだか何だかよくわからないことを書き連ねましたが、以上が私の作るカレーの作り方です。

初日は骨付き肉をそのままトッピングして食卓に乗せましたが、基本的にお皿の中に食べられない物が混ざっている料理が嫌いな私は(面倒臭がり)翌日鍋から肉を取り出して、全部骨から取り外してしまいました。

その肉は再び鍋に戻してしまえばとっても食べやすいチキンカレーの大変身です♪

ちょっと大きめに残したお肉はお弁当のおかずなんかにしちゃってます。

「香辛料は高額だし、自分でマサラを配合するなんて・・・」

本格マサラカレーってこういうイメージが付きまといますとね?

でも冷静に考えれば、カレーって家庭料理じゃないですか?

インドなどの家庭でお母さんたちが日常的に作っていることを考えると、慣れてしまえば結構簡単に作れるはずなんですよ。

それは世界中のどこの料理にしたって同じことじゃないか?って私は思ってます。

今回問題なのは飴色玉ねぎを作る行程だけです。

このレシピを見て興味が沸いた人は是非チャレンジしてみてください。

ちなみに、現在私は飴色玉ねぎを作るのがそんなに苦にならないようになりました^^

|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »