« 2008年12月 | トップページ | 2009年5月 »

白い鯛焼き

先日、会社の先輩に白い鯛焼きの話を教えてもらいました。

何でも最近テレビ番組でも取り上げられたほどの美味しさなんだとか。

会社から我が家への通勤途中にあるらしいので、昨日の会社帰りに寄ってみました。

Photo

店はオープンしたばかりのようで、ピカピカでした。

写真では見えにくいかもしれませんが、外に出ている看板に「売り切れ」の文字。

しかもご丁寧に「完売」とも書かれています。

・・・そんなに人気のある店なのかっsweat01

あきらめかけたんですが、店内には人の気配もあります。

ダメもとで店に入ってみました。

そしたら「まだ少しあります」って言うんですよ。

ラッキーscissorsbleah

4種類残っているということなので、それを1個ずつ頂きました。

Photo_2

なるほど、確かに白い。

冷めても美味しいそうですが、オーブントースターで温めるともっと美味しいということなので、自宅に帰ってすぐにチャレンジしてみました。

適当に選んだ鯛焼き(どれがどれだかわかんなくなってた)をちょこっと焦げ目が付くくらいに温めて・・・。

いざひとクチ!

うん?

モチモチ・・・。

っていうか、これ餅?

確かに美味しいんだけど・・・これは厳密に言えば「鯛焼き」じゃないだろcoldsweats01

Photo_3

写真で確認出来るかどうかわかりませんが、鯛焼きや大判焼きの粉っぽさが無いでしょ?

つか、これ餅でしょ?

いくら食べても餅。

まぁ、冷めても柔らかいんだから、純粋な餅では無いのでしょうけどね。

中の餡はカスタードでした。

あんまり甘くなくて、さっぱりした味付けです。

2個目に食べたのは栗餡でした。

これはもう少ししっかり甘く味付けされていました。

美味しいです。

「美味しいんだけど鯛焼きじゃないよなぁ・・・」

と、何とも微妙な感じで食べた後、そういえば会計の時におまけで何かをもらったことを思い出しました。

「これ、焼いた時に出た切れ端です。味噌汁に入れると美味しいですnote

その時は半信半疑でしたが、こうやって食べ終わった後だと、この生地なら味噌汁に合うかもしれないと思い、作ってみることにしました。

Photo_4

まだ季節じゃないけどスーパーで安かったスナックえんどうと玉ねぎ。

どちらも甘い味が出る野菜です。

まず沸かしたお湯に鯛焼きの切れ端を投入。

その後に玉ねぎとえんどう。

顆粒だしを入れて味噌を加えて出来上がりです。

これがね、ものすごく美味しかったんですよ!

鯛焼きの切れ端はモチモチのすいとんのようでした。

こんな美味しい具材をタダでもらえちゃったなんて、すごくラッキーshine

でも、これをもらうには鯛焼きを買わなきゃダメだろうなぁ~coldsweats01

明日、友達のところに行くのにお土産として購入する予定なので、切れ端だけを大量に頂こうかなぁ(笑)

お店はチェーン店のようなので、こちらのサイトをチェックしてみてください。

たいやき本舗 藤屋

近所にお店が無くてもお取り寄せが出来るみたいなので、興味があったら是非どうぞ。

でも切れ端は無理だと思いますsweat01

| | コメント (0)

おひとり様鍋

この冬、我が家の食卓にはおひとり様鍋が良く登場します。

大きな鍋も良いですが、100円均一などで購入出来る小さな鍋にハマってます。

Photo 今夜の鍋は鶏のささみをメインにしたサッパリ鍋でしたが、

コチュジャンと味噌、しょう油に酒でキムチ鍋風に。

にんじん、じゃがいも、たまねぎにソーセージを入れればポトフ風に。

魚介を入れて仕上げても良いです。

作り方はとっても簡単で、小さな土鍋に火の通りにくい具材からどんどん詰め込んで行くんです。

今日は、大根・じゃがいも・にんじんを大きめにカットしてゴロゴロと敷き、白菜をこんもり盛り付けてから、その斜面に舞茸・適当に切った鶏ささみ・長ねぎを盛り付けました。

写真にはありませんが、刻んだ生姜も乗せました。

あ、味付けはじゃがいもとか白菜とかを入れて行く途中にお好みで塩などを振って下さい。

今回は鶏ささみからダシが出ると思ったので、化学調味料は加えていません。

物足りない人は好きな調味料で調節すると良いでしょう。

最後にお湯を適量まわし入れ、蓋をして火にかけます。

うちは暖房器具としてストーブを使っているので、2個くらいの鍋ならストーブの上でコトコト仕上げちゃいます。

でも今回は鶏肉をガッツリ使っているので、ちゃんと火にかけて仕上げてあります。

この鍋の良いところは、冷蔵庫の中の余っている野菜をガンガン使えるってこと。

もちろんたくさんの野菜を1回の食事でしっかり食べられちゃうところも良い。

毎日同じ具材だったとしても、味付けを変えればあまり飽きずに食べ続けられるところも魅力ですcoldsweats01

あと、残業が多い家族がいる場合でも、写真の状態に盛り付けておけば、アッと言う間に出来上がっちゃうので、出来立てを食べてもらえることも出来るんですよねheart01

我が家では、次はどんな味付けにしようかワクワクするようなそんな定番料理ですhappy02

| | コメント (2)

入院していました

遅くなりましたが明けましておめでとうございます。

みなさんはどんなお正月を迎えられましたか?

私は正月早々にインフルエンザにかかってしまい、なんと入院までしてしまいました☆

発熱し始めたのは1月3日の午前2時頃から。

ありがたいことに3日の日にかかりつけの病院が診察してくれるというので、行ってみたんですが、熱もまだあまり高くなかったので「インフルエンザでは無いだろう」という診断でした。

ところが、それから何をやっても熱が下がらない☆

薬を飲んで、湯たんぽを抱えて、頭から布団をかぶっていても熱はどんどん上がるばっかり。

そのうち声も出ないくらいに喉も腫れあがり、こりゃダメだってことで5日にまた病院へ行きました。

検査の結果はインフルエンザ。

自分からお願いして入院させて頂くことにしました。

Photo

点滴をしてもらい、少し持ち直したものの、夕飯前にまた発熱☆

夕飯も全粥にしてもらったのにほとんど食べられませんでした。

入院はこれで2度目。

実は昨年の春にも1度別件で入院していたんですよ。

その時よりももっと苦しい入院でした。

今回の入院は意識が朦朧としっ放しだったような気がします。

熱も高かったせいか、部屋の温度を30度まで上げても寒くて仕方ありませんでした。

Photo_3 それから喉の腫れ!

これがまたひどかったですねー。

全く声が出なくなっちゃって、ナースコールも一苦労でした。

目の下にもクマがガッツリ出来てしまいましたweep

インフルエンザって怖いですねー。

今までこんなに本格的にインフルエンザにかかったことってなかったので、少し甘く考えていましたが、

来シーズンからは早めに予防注射を受けることにします。

7日に退院して来たんですが、完治して帰って来たわけではなく、今は自宅療養をしています。

そうそう、退院する時に気づいたんですが、私の部屋に入ってくる看護婦さんたちってみんな白衣を着ていたんですね。

「この病院の看護婦さんって徹底してるんだなー」って思ってたんですが、何と私の病室の前にハンガーが設けてあって、そこに1着の白衣が・・・。

Photo_4 見えます?「感染用」って☆

まぁね、確かに感染する病気ですけどね、やっぱり少しショックでした。

「あー、私って隔離されてたんだー」って。

仕方ないですよね、看護婦さんから他の患者さんたちに感染しちゃったら大変ですもんね。

さてさて、退院して来ちゃったってことはこれから自分のことは自分で看病しなきゃならないってことです。

何か栄養のあるものを自分で作って食べなきゃ・・・。

病院のナースコール、持って帰って来れば良かったかなぁ(ウソです)

こんな年明けになっちゃったんですが、みなさん今年もどうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (2)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年5月 »