« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

バナナジュース

先日、いとこたちから頂いたフードミキサーですが、毎日大活躍していますup

何を作っているかというと、バナナジュースbananaです。

Photo  作り始めたきっかけは、スーパーでつい買ってしまったバナナが食べきらないうちに皮が真っ黒になっちゃったからなんですが、これがバッチリはまってしまって、それからは毎日作って飲んでます。

材料はバナナ1本に対して牛乳が200cc程度、ここにお好みで砂糖とか蜂蜜を入れるんですが、私はオリゴ糖を大さじ1杯加えてます。

このミキサーは優れもので、ジュースを作りたいなーと思ったらすぐに取り出せて、材料を用意したらすぐに攪拌できて、使い終わったら簡単に洗えるのが大きな魅力ですshine

今までのミキサーは本体側に動力が付いていたから場所を取るし、ガラスの器が重かった☆

でもこれは動力部分がコンパクトで扱いやすい。

攪拌する器を選ばないから鍋でもボウルでも使えちゃいます。

ちなみに写真に写っている容器はミキサー付属のカップです。

調理器具って、性能も大事だけど、やっぱり使い勝手の良さも重要ですよねwink

Photo_2  ジュースが入っているコップがギネスビールグラスだってところは突っ込まないでください。

ガッツリ飲みたい気分だったんです。

完熟のバナナだったら砂糖なんて必要無いですが、私が使っているオリゴ糖はあまり甘くないので結構な量を入れても気になりません。

それに、お通じが良くなっちゃったsmile

初めは妊娠中のお通じが悪くなったのでその対策として購入し始めたんですが、産後も続けているんですよ。

このオリゴ糖は結構おすすめですscissors

今度はアミノコラーゲンとか加えてみようかな。

それに、バナナだけじゃなくて野菜ジュースもチャレンジしてみようかと思います。

| | コメント (0)

ミニトマトのさっぱり煮

梅雨も明けて夏がやって来ました。

ここ数日は涼しい日が続いてますけど、真夏の太陽を浴びた野菜がどんどん採れ始める時期になりましたよね。

私の実家では家庭菜園をやってるので、収穫時期にはたくさんの野菜を頂きます。

が、最初の頃は嬉しいんだけど、そのうち消費しきれないうちにまた同じ野菜をもらうことになる場合が多々ありますsad

しかも別ルートから同じ野菜をもらっちゃうケースもあるわけです。

丁重にお断りしようとするんですが、相手の目が「つべこべ言わずにもらってくれ!」と激しく訴えて来るんですよね。

どこのお宅でも野菜が消費しきれないくらいの収穫量なんですよ、きっと。

そういう野菜の中にミニトマトがあると思うんですが、大量に頂いてしまった場合に美味しく消費出来るレシピが「ミニトマトのさっぱり煮」です。

トマトって生で食べている人が多いと思うんですけど、海外では出汁の良く出る食材として火を通して使うケースが多いと思うんですよ。

今回はしょう油味で作る煮びたしです。

Photo_2  材料はミニトマト10個程度、水1カップ、しょう油・みりん各大さじ2杯、かつお節3g程度です。

 まずミニトマトはヘタの部分を取り除きますが、その時に包丁で頭の部分を削っておきます(この表現で伝わりますか?)

鍋に水としょう油・みりんを沸騰させて、ミニトマトを加え、再沸騰させます。

そのうち包丁で切った部分から皮がめくれてくるので(湯剥き状態になる)かつお節を加えてすぐに火を止めます。

このまま放置して粗熱を取ったら、トマトの皮をきれいに剥がして、タッパーに汁ごと移しかえたら冷蔵庫で冷やします。

この料理は冷えていた方が美味しいので、食卓に出す数時間前に作っておくと良いです。

また、今回は作りやすい量で書きましたけど、ミニトマトが本当に大量にある場合は材料を倍に増やして作ればOKです。

Photo_3 これは私が産後で家事をやらなかった時期に母が作ってくれました。

 母は新聞のお料理コーナーでこのレシピを発見したようですが、最近はこれに似たレシピを良く見かけることがあります。

結構ポピュラーな料理だったりしてcoldsweats01

何はともあれサッパリと食べられるおかずなので、夏バテした時なんかに一度チャレンジする価値はあります。

| | コメント (0)

豪石りんごひゃぐ!!

秋田の親戚がりんごジュースを送ってくれたという連絡が入りました。

その後自宅に届いた包みを開封してみると・・・。

Photo  うわぁ、格好良いっsign03

 いや、ジャスコの包装紙からこのパッケージが出てくるとは想像していなかったので、少々焦りました。

やるなぁ、ばぁちゃん・・・sweat02

秋田では正義のヒーローがいるんですよね、超神ネイガー!

その存在はずいぶん前から知ってはいたんですが、秋田の広告塔(?)として上手に活用してますよね。

Photo_2  パッケージには何も書いてはいませんが、どうやらリンゴの皮も一緒にジュースにしているらしいです。

秋田の親戚からそんな情報を聞いたことがあります。

それにしても裏の説明文もこだわってますよねー。

「アウトドアには凍らへでシャーベットにしてもうんめぇぞ!」って、どんなイントネーションで読めば良いんだろうcoldsweats01

では早速飲んでみましょう。

Photo_3  へー、皮が入っているとこんな色なのかな?

 開封するとリンゴの良い香りがしました。

 味は美味しいです。

私はリンゴジュースマニアではないので他のものとの違いは良くわかりませんが、本当に美味しいですapple

このジュースは取り寄せも出来るって親戚が言ってましたから、また飲みたくなったら今度は自分で取り寄せようかな。

ビン入りと違って飲みきりサイズのアルミパックだから便利ですよね。

楽天でも取り扱ってるみたいです。

赤ちゃんが果汁を飲めるようになったら飲ませてあげようっとshine

| | コメント (0)

フードミキサーを頂きました

最近出産をしたわけですが、そうなると方々から出産祝いを頂くんです。

とても有難いことですよね。

私には父方のいとこが何人かいるんですが、そのいとこたちがお金を出し合って何か希望の物を出産祝いとして買ってくれることになったので、フードミキサーを選びました。

フードミキサーって、フードプロセッサーみたいなものなんですが、

私が選んだのは据え置き型のものではなく、どんな容器にも対応するタイプのものです。

Photo 商品名はブラウンマルチクイックプロフェッショナル。

いろんなプロセッサーがあるけれど、このタイプはずっと欲しかったんです。

これを選んだ公式?な理由は「離乳食を作るのに便利だから」ですが、本当のところはチキンナゲットを自宅で作りたいから!ですcoldsweats01

だって、自宅でナゲットが作れちゃうんですよ?

しかも材料も自分でそろえた方が断然安いし安全じゃないですか!

でもそんな本音をいとこたちにクチが裂けたって言える訳もなく(爆)

産後の経過も順調なので、今日はチャレンジしてみることにしました。

初めてのフードミキサーだし初めてのレシピなので、ちょっと緊張しながらでしたが、意外に簡単でなかなか美味しく仕上がりました。

Photo_2 材料は鶏むね肉2枚、卵1個、小麦粉大さじ3、ガーリックパウダー小さじ2、塩コショウ適量です。(公式サイトに掲載されているレシピです)

今回は棒状のブレンダーは使わず、チョッパーだけを使います。

作り方は簡単で、ぶつ切りにした肉と他の材料を全部チョッパーに入れて攪拌。

あとは小判形に成形して油で揚げるだけ。

味は本当に基本的なナゲットですけど、次はいろんな調味料で味を変えたりしても楽しそうですよね。

次は何を作ろう・・・。

あー、マヨネーズとか美味しそう!

ディップなんかもチャレンジしてみたいなnote

・・・結局、離乳食を作る前に大人用の食べ物ばっかり作ることになるわけですよsweat01

こんなこと、いとこたちには絶対言えないなぁ。

ま、離乳食が始まるのはまだまだ先のことですからねcoldsweats01

| | コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »