« バナナ風味のホットケーキ | トップページ | 白あえ »

初めての眼科

昨日、うさこが初めて眼科にかかりました。
ことの始まりは26日の昼下がりです。
それまでスヤスヤと昼寝をしていたうさこが突然目を覚ましたと思ったら火がついたように泣き始めたんです。
あぁ、こりゃお腹が空いたんだなと思ったので、急いでミルクを作りにキッチンへ行きました。
そしてミルクを持って戻って来るほんの数分の間に、うさこの顔面左半分が真っ赤になってたんですcoldsweats02
ちょっと焦りましたが、眠いのと空腹でギャンギャン泣いているわけだし、顔を強くこすることもあるだろう、きっとそれで赤くなってるんだろうと判断し、ミルクを飲ませました。
ミルクは調子良くグングンと飲んでくれるし、飲み終わってからもご機嫌で遊んでいるので、顔の赤みはあまり気にしていなかったんですが、左目が何だかおかしい。
少しづつ腫れてきているような・・・、気のせいか?
 
こういう時って誰に相談すれば良いんだろう?
とりあえず母に電話をしてみたんですが携帯にも自宅電話にも出ない。
姉は?看護婦の経験があり、4人の子供を育てているパワフル母ちゃんの姉ならチカラになってくれるはず!
ところがこれも不発。
どうしようsweat02
慌ててもしょうがないので今自分で持っている子供の病気に関する資料を読みあさってみる。
でも発熱嘔吐に関してはたくさん記載されているのに目に関するトラブルはあまり紹介されていないんですよ。
頼みの綱のインターネットもあまり役立つ情報が引き当てられなかった・・・。
ホントにどうしよう?
 
でも、これまでに手探りで調べてみてわかったことは、目のトラブルで緊急を要することっていうのは無いってことでした。
例えば、目が腫れているからって一刻も早く病院へ連れて行かないと命に関わるとか、失明の恐れがあるということは無いってこと。
あ、もちろん他に高熱があるとか呼吸が荒いなんて症状がある場合は別ですけど、うさこはスーパー元気でミルクもグングン180ml飲み干す勢いですから。
 
それでもやっぱり不安で、思い切って保健センターに電話をしてみたんです。
そこの保健婦さんが言うには、やっぱり目のトラブルで一刻を争うケースは少ないので、今日は様子を見て、明日になったら眼科へ診せてみては?という答えでした。
ちなみに26日月曜日は台風が来ていて、ひどい風雨でした。
こんな中を赤ちゃんを病院に連れ出すなんて、可哀想ですもんね。
 
そんなこんなで時間が経って夕方6時を過ぎた頃からうさこのご機嫌が悪くなってきました。
最初は眠くてグズってるのかと思ったけど、どうやらそういう感じでもなさそう。
しかも目はどんどん腫れて来ていて、目もちゃんと開けていられないようになってしまいました。
Rscn0454Rscn0453
左の写真は普段のうさこ。
そして右の写真が昨日のうさこです。
ね?これはちょっとひどくないですか?
これ、本当にただ目をこすったからこうなったの?
もしかしたら変な虫に刺されたんじゃないの?
でも「変な虫」ってどんな虫?
まさかダニー君???sweat01
それなりに掃除はしているはずなのに?
(あ、ダニー君ってのはダニのことなんですけど)
それにダニー君の姿は見ていない。
そもそもダニー君ってどんな姿でどれくらいの大きさなの?
目に見えない虫ってこと?
そんなバカなcrying
不安は大きくなるばかりです。
 
そんなことをしていると夫のとらじろうさんが帰宅。
するとうさこの機嫌が突然良くなり、今までグズッていたのがウソのよう。
その隙を見て、とらじろうさんにはうさこをお風呂に入れてもらいました。
その後すんなり眠ってくれたうさこ。
あー、良かった。
これは明日、眼科に連れて行こう!
ということで、昨日はうさこを眼科に連れて行ったんです。
 
ところが、連れて行くまでにはうさこの左目はウソのように回復していて、先生の診察が始まった時には「・・・えっと、どっちの目かな?左かな?」って言われてしまう始末。
いや、そんなもんなんですよ、きっと。
それにいつまでも腫れが引かないよりは良いじゃないですか。
 
先生が診察してくれた結果、やっぱり自分で強くこすったか打ったかして赤く腫れたんだろうとのこと。
ダニー君ではありませんでした。
また、眼球に傷も無く、とてもキレイな目だそうです。
ホッと一安心です。
しかし・・・お腹が空いて目が覚めて、空腹のイライラを紛らわすために自分の顔を殴る赤ちゃんってどんなもんですかね?
食いしん坊で、お腹が空くと攻撃的になり、満腹度120%まで食べ尽くす。
そういうところは誰に似たかと言えば私に決まってるじゃないですかdown
なんか、これじゃいけないなって反省してしまいました。
せめて空腹時に攻撃的になるのはやめようと思います、はい。
 
帰宅してから、これまでのことを自分なりにまとめてみたんですが、
うさこは昨日自分で顔を打って赤く腫れたけど、意外に本人はケロっとしたもんだったのかもしれません。
それなのに私が不安になって本を読んだりネットを見たり、電話をかけたりしていてうさこと遊んでやれなかったのがご機嫌ななめの理由だったのでしょう。
とらじろうさんが帰って来て、ようやく遊んでくれる人が来た!と思ったのかもしれません。
育児ってなかなかうまく行かないものですね。
それでもこういう経験の積み重ねで、ちゃんとしたお母さんになって行けるのかな。
今日は台風一過で素晴らしい秋晴れですから、うさこを連れてお散歩にでも行こうと思います。

|

« バナナ風味のホットケーキ | トップページ | 白あえ »

育児2009」カテゴリの記事

コメント

それは心配でしたね。
不安でたまらなかったでしょう。
なんともなくてよかったね、なんて慰められても、なぜ赤くなって腫れたりしたりしたのかがわからないと、心配ですねえ。
もしも泣いているときに顔に当たってしまったとしても、それは偶然ですからねえ、お腹が空いて自分で殴ったなんてことはないわよう。慶のところのわんわはよく顔を引っ掻いてしまって、自分の爪で顔や頭が傷だらけでしたよ。目も引っ掻きそうになるので、手袋をかぶせているんですけど、いつの間にか取れてしまって、見るたびに新しい傷があって、かわいそうでしたよ。って心配したのは3か月~6ヶ月まででした。でもその間は娘は目を引っ掻きそうになるたび、顔が引きつっちゃって、娘の方が心配な状態でしたよ。
 お写真だと虫ではないですねえ。ダニにしろ何かの虫に刺されたら、その刺されたところがはっきりわかります。一度わんこが顔がいきなり腫れたことがあったんですよ。特に瞼がいつもの半分ぐらいしか開いていない感じになってしまって、それこそその写真が写メールで来て「どうしよう」ってきました。というのを見たのは仕事が終わった後だったので、自分でおぶって少し離れた小児科にぶっ飛んで行ったようです。その時には機嫌が良くなって、「この顔で」かわいい看護士さんに抱っこと手を伸ばした!と呆れていました。その時も????だったんです。でもそんなに腫れたのは一度だけでした。
 ばあばの私でも、かなりのショックな顔でしたから、母親である娘は相当なものだってしょうね。
 うさこちゃん、お大事にね。

投稿: | 2009年10月29日 (木) 14時51分

慶さん

うさこを心配して下さってありがとうございます。
はい、うさこにとって初めてのトラブルだったので、本当にオロオロしてしまいました。
その後連絡が取れた姉に言われたのは、
「もしそれがとらじろうさんだったらどんな対応だった?あっそ、お大事に〜って感じだったと思わない?」
でした。
確かに、目が腫れたのが夫だったら、なめときゃ治るくらいの暴言を吐いていたかもしれませんcoldsweats01
それなのにうさこの時には半日かけてオロオロして・・・。
自分の子供のこととなると怖いくらいに真剣になるものなんですね、母親って。
そうそう、うちのうさこは看護婦さんではなくて他の患者さんたちに愛嬌を振りまいていましたっけ。
出入り口付近に座っていたので、通る人みんなが「可愛いわね、何ヶ月?」と話しかけてくれます。
その度にとびきりの営業スマイル(?)を披露するので、待合室のアイドルになっていました。
ほんと、何をしに行ったんだかわからない初眼科でした(笑)

投稿: さくら | 2009年10月30日 (金) 10時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バナナ風味のホットケーキ | トップページ | 白あえ »