« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

フットマフもどきを作ってみました!

うさこの散歩はもっぱら近所の実家へベビーカーをゴロゴロと押して行くことが多いんですが、これからどんどん寒くなるのに・・・何か対策は無いかなぁと思っていたら、道ばたですれ違ったママさんの押しているベビーカーに何やら暖かそうな布が装着されていました。
そう、フットマフですよ、フットマフ!
うちのうさこにも買ってやろうと思ってお気に入りのネットのベビー用品ショプを覗いてみたら、びっくりするようなお値段なんですね!
私の気に入ったものは16,800円でしたwobbly
まぁ、まさかそれが主流のお値段とは思えないし、もっとリーズナブルなものもあるんだろけど、何かベビー用品って結構出費がかさむなーって思ってしまいました。
だいたい、うちの移動手段は自家用車だし、到着した先ではたいがい室内に入ってしまうのに、高いお金を出してフットマフを買う必要があるのか?と思うんですよ。
移動が電車やバスの都会のママさんたちには必需品かもしれないけど、うちは・・・田舎ですもん。
でも散歩の時にうさこは寒いわけだし・・・。
flairそうだ!自分で作っちゃえば?!flair
ってことで、私が会社で使っていたユニクロのフリース(3年前くらいに1,000円で購入)をちょちょいと細工してみました。Dscn0488Dscn0558他に使うのはマジックテープ。
これはジャスコの手芸品コーナーで購入しました。
これを写真のように縫い付けるんです。
で、ベビーカーの手すり(?)のような部分にバチッととめれば、冷たい風も防げるし、うさこも暖かいじゃないですか?
これを思いついた時、自分って天才じゃないかと思いました!!(笑)
あいにく我が家にはミシンなんてハイテクマシンは無いので、チプチプと手縫いで頑張りましたが、
それでもそんなに時間もかからず出来上がりました。

Dscn0497Dscn0496
寒い時には内側に折り込んであるフリースを引っ張りだして、うさこにかけてあげてもいいし、そうじゃない時は元通りに二つ折りにしちゃえば良いんです。
足下が本格的に寒い時にはうさこの脚をフリースでくるむようにしてあげればOK。
意外に簡単に外れることも無いようです。
また、マジックテープの長さを長めにしたので、フリースの長さを調節出来るようになってるんですよ。
実家の母に見せたところ、あんた凄いねって褒めてくれましたhappy01
これに気分を良くした私はもっと手作り感をアップさせようと思って毛糸のお花モチーフまで編んじゃいました。
Dscn0554こうすると、ベビーカーに取り付けた時に足下のあたりにこのモチーフが来て可愛いんじゃないかな?って思ったんです。
 
と・こ・ろ・がっ!!
これが出来上がってから、手作りのフットマフという発想をするママさんって私だけじゃないんじゃない?ってことに気づいたんですよ。
だから軽くネットで「フットマフ 手作り」で検索してみたところ、ななんとすっごく素晴らしい完成度のフットマフを作っているママさんたちが多数いることに愕然とさせられるのです!sweat01
「私の作ったものなんて、フットマフなんてとても言えたもんじゃないじゃんっ!!」
 
嗚呼恥ずかしい・・・。
だからタイトルにも「もどき」と付け加えました。
それに後から知ったんですが、ベビーカーにブランケットを取り付けるためのクリップって安く売ってるんですね。
何だかますますガックリ。
そうなってくると、せっかく付けたモチーフもビンボッちく見えて来るから不思議。
もともとカギ編みが不得意な私が編むもんだから、これはもう本当に完成度が低いです。
こんなおかしなブランケットを付けたベビーカーに乗っているうさこが不憫に思えて来ました。
 
でも、いいじゃないですか?
育児に「こうじゃなきゃだめ!」ってことは無いし、私とうさこが楽しい毎日を過ごしていればそれで100点満点なんですよネnote
それにさ、このフットマフもどきは、散歩先で芝生の上に広げてうさこを遊ばせてやることも出来るし(寒いけど)汚れたらジャブジャブガンガン洗濯機で丸洗い出来るし、いらなくなったら結構気軽に捨てることも出来るんですよ!(1,000円だもん)
うん、それでいいのだ!
ということで、今度はうさこの洋服を作っちゃおうかと企んでいるさくらなのでしたsmile

| | コメント (2)

執念のとまとら〜めん

前の記事をアップしてからかなりブログをお休みしてしまいました。
その前の記事で取り上げたとまとら〜めんですが、あの後すぐにスーパーへ買い出しに行ったところ、やはり商品は陳列されていませんでした。
それどころかとまとら〜めんのスペースさえ消えていました。
こりゃどうしたもんかと考え、ちょっとしつこいかな?と思いつつ近くの店員さんに声をかけてみることにしました。
「すいません、この間ここにあったとまとら〜めんって、もう取り扱わないんですか?」
ヒョロリと背の高いその男性店員さんは、はぁ?って顔をしつつ、担当に確認してきますと言って裏に消えてしまいました。
しばーーーーーらく待っていると、今度はおばちゃん店員さんが何やら資料を持ってバタバタと駆けて行きます。
うわぁ、もしかして私のその一言でスーパーがてんやわんやなのかしら・・・。
そんな心配をしていたら、そのヒョロリさんが帰ってきて、一言。
「あれはチャームというセールの時にしか扱わないんです」
・・・チャームって何ですか???
そんな専門用語使われてもこっちはわかんないですよannoy
「それって、またチャームってのがある場合は取り扱うってことですか?」
ちょっと食い下がる私。
その質問に明らかにイライラしている様子のヒョロリさん。
そうかもしれませんね!と言い残し、自分の仕事に戻って行ってしまいました。

・・・いやね、私だってとまとら〜めんとまとら〜めんって、何かに取り憑かれたように言いまくってて、スーパーとしては面倒くさい客でしょうよ?
だからってその対応はどうなのよ?ってくらいの態度だったんですよね。
その態度で私のスイッチがピンって入ってしまったんです。
impactこりゃー絶対このスーパーでとまとら〜めんを取り扱わせてやるっ!!!impact

とはいえ私が何度もとまとら〜めんを連呼していても、本当に面倒な客だと思われてしまいますよね。
となれば私じゃない誰かに言ってもらえばいいわけで。
こんなことを頼めるのは夫のとらじろうさんくらいしかいないわけです。
もちろん「やだよそんなのー!」と言われましたけど、
とらじろうさんだってとまとら〜めんを美味しいって夢中になって食べてたじゃん!と言ったら
渋々協力してくれました。
ありがとう我が夫よ!
「でもさ、はぁ?それ何ですか?って逆に聞かれちゃったよ」と言ってたので、
もしかしたらとまとら〜めんは取り扱ってくれないのかなぁって、ちょっと諦めてました。

ところが!
この間そのスーパーへ行ったら、なんとありましたよ!とまとら〜めんがっ!

しかもこの間は3個(その前に売れてたとしてもせいぜい5個)しか置かれてなかったのに、
今度はスペースを拡張して10個以上並んでました。
そのうえ私の前に誰かが買って行った形跡もある!!
値段も以前よりググっと下がって298円でした。
前は350円くらいじゃなかったかな?
やっぱり男性客(夫のこと)からの問い合わせが効いたのかもしれません。
でも売り出し期間が1週間くらいに設定しているようなので、今後どうなるかわからないじゃないですか?
とりあえず2個購入してきました。
1個は冷凍庫で保存しますが、きっと賞味期限前にそれも食べちゃうと思います。
Dscn0547でも本当に嬉しい。
私の他にも問い合わせをしたお客さんがいたのかもしれませんが、なんか自分の努力が実を結んだような気がして、ちょっとした達成感を味わっています。
・・・まぁ、こんなことにチカラを注ぐなら、もっと別のことに〜とも思いますけどねcoldsweats01

あ、どうでもいいことですけどね、ヒョロリさんの言ってた「チャーム」って、「チャーブル」の間違いでしたからthink
仮にも従業員なんだから、自社のセール名称くらい覚えとけっannoypunchannoy

| | コメント (0)

とまとら〜めん

以前、らーめんの記事を書いたのが8月の終わり。
その時に「とまとら〜めん」について触れたんですが、あれからどのスーパーで探しても実物が見つからず、モヤモヤした気分のまま今日まで来てしまいました。
でも、ただ探していただけじゃないんですよ?
良く行くスーパーの食品担当の人に「とまとら〜めんを取り扱って下さい」って頼んだりもしたんです。
やれるだけのことはやったつもりだったんですが、なかなか商品が陳列されることは無く、半ば諦めていたところでした。
ところが、先日とうとうそのスーパーで発見したんです!!
Dscn0473それもたった3つ!
利用客からの申し入れがあったから仕方なく置いたのか、真相はわかりませんが、とにかくパッと見ただけでは「うまいのか?」という気分にさせられるネーミング。
もちろんせっかく仕入れて頂いたんだから値段も見ずに購入!
作り方を確認してみると、豚肉・トマト・チンゲンサイ・セロリと書いてあるので、味の決め手となっているだろう豚肉とトマトとセロリを購入。
チンゲンサイは自宅にある白菜で代用することにしました。
 
それを昨日の夜に作ってみました。
その時に改めてじっくり作り方を確認してみましたが、驚いたのはその使用する水の量です!
なんと1食当たり500mlの水を使います。
ということは2人分だと1リットル?!
ちょっと多過ぎじゃないですか?Dscn0475Dscn0482
半信半疑のまま作り始めましたが、やはりフライパンにはたっぷりのスープが完成しました。
しかもここに麺を直接投入しちゃうの?!
ちょっと斬新過ぎやしませんか?
私が今まで食べていたラーメンって、スープと麺は別に調理するタイプが主流でした。
またはフライパンでたっぷりの具材を炒め、そこにお湯とスープの素を加えてラーメンスープを完成させるというのもありましたが、やっぱり麺は別茹ででした。
このラーメンは一人暮らしの男性(ガスコンロは1〜2口、調理器具は鍋1個またはフライパン1個という私の独断と偏見の設定です)でも気軽に調理出来ることをコンセプトにしてるのかなぁ。
何にしても調理は簡単だから普通の主婦だって大助かりですけどね。
 
また、調理してて気づいたのは、麺へのこだわりです。
細麺でストレートなんです。
しかもパッケージがこだわってる!
Dscn0477Dscn0480
ゆとりを持たせたパッケージングで、鮮度保持剤なんかも入ってます。
本当はこれについてたくさん書きたいことはあるんですが、自分の持っている知識が確かなものかどうかわからないのであえてやめておきます。
ただ、簡単に調べてみて何となくわかったことは、麺の品質を保持することにかなりこだわったんじゃないかな?ってことです。
とにかく麺はなかなか美味しかったですよ。Dscn0486_4(実際のお店で出されている麺がどんなものかわかりませんけど)
それからスープも美味しいです。
基本的にはしょう油味ですが、イタリアンラーメンって印象でした。
セロリは是非入れた方が良いですね。
苦手な人はダメかもしれないけど、私は2人分でセロリを1本弱使いました。
 
さて、完成して写真撮影もソコソコにとにかく食べたい!ってことで夫とズルズル頂きましたけど、これ本当に我が家の大好物な味でした。
とら「うまい!うまいよぉ!」ズルルルルー
私「そだね、うまいね!」ズズッ、ズルルー
そこで問題になるのは、この商品がまた入荷してもらえるのか?ってこと。
もともとメーカー側で販売期間が決められているようなんですが、もしかしたらスーパーの事情でもっと早くに販売を中止しちゃうかもしれないじゃないですか?
となれば、見つけ次第即購入しておかないと、いつ食べられなくなっちゃうかわからないわけです。
で、もしも入手出来なくなった場合は、違うラーメンの具材にセロリやトマトを使えばいいのか?なんてことまで真剣に話し合ったりしました。
で、ある程度話がまとまった頃、何故ここまでとまとら〜めんにこだわってるんだ?私たち?って冷静になったりしてねcoldsweats01
何かバカバカしい夫婦だなーって、つくづく思いました。
 
そう、調理方法のところに、残ったスープにご飯をいれてリゾット風にすると良いとあったので、最後にご飯も入れてみました。
これがまた美味しいのnote
たっぷりめに作るスープは、最後のリゾットのためなのかもしれませんね。
ただここで気をつけたいのは、どんぶりのスープにそのままご飯を入れてしまうと、ご飯がなかなかすくえなくてイラッとするんです。
だから、面倒でも別の小どんぶりにスープとご飯を入れて、レンジで再加熱なんかするともっともっと美味しく食べられるんじゃないかな?と思いました。
 
今日は午後からスーパーへ食材の買い出しに行くんですが、このらーめんはまだ売ってるのかなぁ。
ドキドキの買い出しです!

| | コメント (0)

菊のおひたし

先日、お月見がありましたね。
確か10月30日。
その日実家の母が持って来てくれたススキ3本と菊を飾り、おはぎもお供えしてみたんですが、
あまりにおはぎが魅力的だったので、撮影する前にムシャムシャ頂いちゃいました。
美味しかったです。
 
お供え用とは別に、母が持って来てくれた菊を茹でておひたしにしてみました。
Dscn0463Dscn0462子供の頃に食べていた菊のおひたしはガクごとだったような覚えがあるんですが、母が「花びらだけムシって茹でた方が美味しいよ、苦くないし」って言うので、ちょっと面倒でしたが花びらをムシりました。
これが結構楽しいんですよtulip
 
ムシッた花びらは沸騰したお鍋に入れてサっと火を通します。
この時気をつけないと吹きこぼれます。
特に小さな鍋でやると、花びらが水面を全部覆ってしまうので、沸騰して来たお湯が花びらを持ち上げてしまって吹きこぼれるんです(経験者)
花びらは本当にサっと火が通れば良いので、その後は冷たい水にさらして良く水を切り、麺つゆ+しょう油なんかでサッパリ食べます。
あ、茹でる時にお酢を少量お湯に入れておくと花びらの色止めになるんだそうです。
Img_0575_2夫のとらじろうさんは、以前「菊は食べたくない」と言っていましたが、私の実家で菊をクチにしてからはそれほど嫌じゃなくなったみたいで、今回のおひたしも美味しいと言ってたべてくれています。
多分ね、もう味覚がおじさんになって来てるんですよ(爆笑)
若者だった頃は菊や山菜のような苦みばしった味を美味しいとは感じられなかったんでしょうが、今は「旬の味だねぇ〜」なんて満足気に食してますから。
 
菊といえば、子供の頃から母が食卓に出すので違和感無く食べていましたが、普通の家庭ではどうだったんですかね?
ちなみに、母は観賞用の菊も1度だけ茹でて食卓に出していました。

Chrysanthemum_morifolium_november_2父が職場の先輩から立派な鉢を頂いたんです。
確か、白いのと黄色いの。
それはそれは見事な大輪の菊だったんですが・・・ある日チョキっと切られて台所で茹でられていましたdespair
確か私が中学生だったか高校生だったかの頃です。
さすがに「大丈夫なの?」と聞いてみたんですが、母は「食べてみなきゃわかんないよ」と言ってました。
かなりの大輪だったので、大鍋に湯を沸かし、オタマでお湯をかけたりしながらの作業でした。
そして茹で上がった菊は、案の定そうめんのような長さで、食べるのにも一苦労。
しかも苦い。
家族の結論として、観賞用の菊は食べない方が良いねってことで落ち着きました。
だいたい、農薬とかバシバシ使ってたんじゃないの?
怖いよぉsweat01
 
私、何度か母のことをブログに書いていますが、その度に思うんです。
「私のこのチャレンジャー精神って、絶対に母譲りなんだ」って。
普通はこういうチャレンジャーな性格って父親譲りな方が多いと思うんだけど・・・。
これがうさこにも脈々と受け継がれるのだろうか?
ちょっと怖いような、面白いようなcoldsweats01

| | コメント (0)

ベビーカーについて

今日は午後からとらじろうさんとうさこと3人で散歩に出かけました。
いつもは近所をウロウロするんですが、今日はちょっと遠出しようよってことになったので、大きな公園へ出かけたんです。
ところが車に揺られているうちにうさこが眠ってしまって、ベビーカーに乗せると首がガックリしちゃう。
息苦しそうで可哀想です。
するととらじろうさんが「じゃぁ、椅子をリクライニングしてフラットにしようか」と・・・。
えっ?!
リクライニング?
フラット?
とらじろうさん曰く、うちのベビーカーってフルフラットにすることが可能らしいんですよ。
っていうか、今のベビーカーってみんなそうなってるのかな・・・。
Dscn0467もしそうなんだったら、首がすわってなかった頃のうさこが頭をグラングランしつつお出かけさせられていた状況は・・・もっと改善されていたかもしれないってこと???
しかも背もたれのリクライニングだけでなく、座面の部分もアジャスターが付いていて、伸びる仕組みになっている!
うわー、今まで私はベビーカーをちゃんと活用していなかったんだsad
まぁ、もともとうさこは新生児の頃から首のチカラがとても強く、首こそすわって無かったけどしっかりしていたし、ベビーカーには頭をサポートしてくれるようなクッションが付いていたから、そんなにグラグラしてたわけじゃ無かったんですけどね。
もしこれがグラングランしてて危ない!って感じていたら、もう少し必死に取り扱い説明書を読んでいたかもしれないなーなんて言い訳臭いことを言ってみたりしてsweat02
 
Dscn0468今日は私なんかよりもずっと取り扱い説明書を読んでいるとらじろうさんもいることだし、こりゃ今まで疑問に思っていたこととか質問しちゃおうと思ったので、背もたれのところに付いている変なポケットのことも聞いてみることにしました。
私「ねぇ、この背もたれ部分のポケットみたいなのは何?」
とら「これ、ポケットじゃないよ」
私「えっ?じゃぁ何?」
とら「このボタンを外すとメッシュ素材になってて、背中がムレないんだよ」
私「!!!!!」
確かに、このポケットのような部分はボタンを外してもただ布がベローンとなるだけで、何も入れられないショボいポケットだと思ってました。
でも全然ショボくなかった!
それどころか暑い日のお出かけの時、背中がムレるのを防いでくれるナイスアイデアな機能じゃないですか?!
ショボいのは私の脳みそだったcrying
私「ごめんようさこ、もう冬だ・・・」
 
今のベビーカーっていろんな便利機能が付いているんですね。
知らなかった。
というか、もっと取り扱い説明書を読まなきゃダメですよね。
今夜食事が終わったら、まじめに取説を読もうと思いますが、きっと目からウロコなことがたくさん出て来るんだろうなぁ。
だって、さっきも「これ何のレバー?」って部分を発見しちゃいましたもん☆
うさこ、お母さんはもう少し頑張ることにするよ!

| | コメント (2)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »