« うさこのケープ | トップページ | 初めての味噌作り(レシピ) »

初めての味噌作り(序章)

* この記事には味噌作りのレシピは紹介していません。
* 私が作った味噌のレシピはこちらに詳しく書いたので、そちらをご覧下さい。

いつか味噌を自分で作ろう!
そんな願いがとうとう今年叶いましたshinehappy02shine
一応毎年味噌作り講習会の募集を見つけると片っ端から応募していたんですが、いつもハズレ。
残念な思いをしていたんですが、今年はなんと2個目の応募でHitnotes
当たったのは昨年から始めたPalsystemの講習会です。
先日1月28日に参加して来たんですが、参加者は20名でした。
倍率は3倍と、やっぱり競争率は高かったようです。
味噌作りって人気高いんですね〜wobbly

うさこを託児の方々にお預けし、2時間の講習+実習。
一緒になった班のみなさんも優しく気さくな方ばかりで、さっき会ったばかりなのにみんなで情報交換しながら助け合うことが出来て、楽しかったです。
Dscn06702時間の講習会ですから、あらかじめ終了している作業もありましたが、先生が丁寧に教えてくれたのでわかりやすかったと思います。
配られたレシピは2枚の用紙とホワイトボードに手書きのレシピがひとつ。
最初、どのレシピを参考にすれば良いのかわかりませんでしたが、3つのレシピと先生の説明を聞いていてなんとなくわかったことがひとつあります。
「味噌作りは簡単な手順と十人十色の試行錯誤の積み重ねで出来上がる」
うん、これは我ながらうまいこと言ったなって思える名言です(笑)
ホント、味噌作りって基本的には単純な作業なんだと思うんですよ。
1)水で1晩ひたした大豆を柔らかくなるまで煮る
2)その大豆を潰す
3)塩とこうじを潰した大豆に混ぜ込む
4)最後に清潔な樽に詰めて秋頃まで放置する
ね?4つの行程でハイ出来上がり!
ただ、美味しい味噌を作るためにはたくさんのこだわりや工夫が必要で、
作り手が10人いれば10通りのこだわりがあるんですよ。
中には「この作業の時には○○した方が絶対良いよ!」と言う人と「そんなこと絶対やっちゃダメ!」と言う人が出て来るくらい、レシピの数は無限大なんだと思いますsweat01

実際に、私も味噌講習会の他にPalsystemで購入した材料で味噌を仕込みました。
それもお昼過ぎからついさっきまで悪戦苦闘してました。
Dscn0667セットの中に入っていた麹が「乾燥麹」で、Palsystemで推奨するレシピには「乾燥麹の場合はあらかじめぬるま湯でもどす必要がある」って書いてあるのにセットに入って来たレシピにはそんなこと1行も書いてない☆
どうすれば良いのかわからなくなったので、思い切ってセットの箱に書いてあった会社の電話番号にかけてみたら、電話に出てくれた女の人が「あ、麹はそのまま使って下さい!絶対です!」って断言するんですよ。
味噌作りに大敵なのは「水」なんだそうです。
水を入れるから、腐るんですって。
まぁ、多分それは沸騰させていないぬるま湯を使った場合のことなんでしょうが、その女の人は水は加えなくても味噌は問題なく出来上がるって言うんですよね。
だから私もそれを信じて水を加えずに仕込みました。

と、まぁ、味噌作りって簡単なんだけど奥深いものなんですよ。
今回の講習会で一番の収穫はそのことに気がついたことでした。
だから今日の味噌の仕込みも、それなりに悪戦苦闘はしながらもちゃんと終わりましたもんwink
この「さくら、初めての味噌作りに悪戦苦闘する☆」の巻は次回必ずアップするので乞うご期待です(笑)

そうだそうだ、講習会で先生をしてくれたおじさんが言っていましたが、今回の講習会でみんなで作った味噌は絶対美味しく仕上がるんですって。
でも、来年自分だけで作る味噌は多分美味しくないそうです。
一瞬、なんだそれ?!ってムッとしましたけど、本当に美味しく仕込むことが出来るようになるのは3年目だって、おじさんは何度も繰り返して言ってました。
それくらい味噌作りって難しいんだってことを言いたかったんでしょうね。
3年諦めず頑張れば、後は自分の味の手前味噌を作り続けることが出来るそうです。
私の場合は今年は講習会の美味しい味噌があるので、今日仕込んだ味噌がまずくても別に良い(?)ですが、来年からはどうすれば良いんだろう?
美味しくない味噌を食べ続けなきゃならないのかなぁ☆
でも、やっぱり味噌を手作りすることは辞めたくないです。
自分の手で、自分の選んだ材料で作る手前味噌。
いつかうさこにも胸を張って伝えられるようになりたいです。

|

« うさこのケープ | トップページ | 初めての味噌作り(レシピ) »

グルメ・クッキング2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うさこのケープ | トップページ | 初めての味噌作り(レシピ) »