« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »

○○のキッシュ(離乳食)

うさこももう11ヶ月を迎えました。
離乳食は1日3回食べています。
離乳食を始めたばかりの頃は重湯をスプーン1杯与えるだけだったのに、今は小さなバナナなんかペロリと完食しちゃう勢いsweat01
それも1日3回だからメニューを考えるのが大変です。
いつも同じ野菜粥とかうどんだと、一応最後まで食べてはくれるけど、上目遣いで私をチラリと見たりします。
「もっと違う食事が食べたいんだけどなぁ〜」
と言っているように感じるのは私の被害妄想でしょうか?
もっとレパートリーを増やさなきゃ!ってことで、手持ちの離乳食レシピの中から「キッシュ」を作ることにしました。
Dscn0913_2もともと「そら豆のキッシュ」として掲載されていたレシピですけど、そら豆なんて・・・そんな季節性の強い食材を毎度手に入れられないじゃないですか?
作りたい時にすぐ手に入る、どうせならその時冷蔵庫にある食材で作りたい!!
ということで、今回はアスパラガスを使って作ってみました。
 
* 材料・2回分 *
食パン 適量(パン耳を取った8枚切りを1枚くらいかな)
全卵 1個
ミルクまたはフォローアップミルク 適量(大さじ1程度)
粉チーズ 小さじ2
茹でアスパラガス 適量(細かく刻む)
お好みで塩少々
作り方は簡単で、耐熱皿(ココット皿が便利)にパンをちぎりながら敷き詰め、残りの材料を全部良く混ぜ合わせたものをパン全体が染みるようにかけていきます。
それを魚焼きグリルやオーブンレンジなんかで表面に焼き色が付くまで焼きます。
それだけ。
 
調味料についてですが、私はどの食事にもほんの少量の塩を振っています。
赤ちゃんの食事は出来るだけダシの味だけで作りましょうとか、素材の味を生かしましょうとか、そういう指導が主流だと思うんですけど、うさこの通う小児科のお医者さんは「ん〜、出来るだけ控えた方が良いけど、あんまり濃い味じゃなければいーんじゃぁないのかなぁ〜」と言ってました。
ちなみに10ヶ月の時に検診で行った時、先生は「もう何でも食べさせちゃっていいよ」って言ってたし。
・・・うちの先生ってザックリしてるんですよ、結構。
あ、もちろんハチミツ・そば・ピーナッツ・生魚などはまだまだ与えちゃダメだって言ってましたけど。
 
味付けに関しては私も以前からいろいろ考えていたんですけどね、例えばあんこを作る時には結構な量の塩を使うじゃないですか?
あれが無いとまっっっったく美味しくないあんこになっちゃうんですよね。
それから味付けの薄い野菜スープなんかも、ちょっとだけ塩を足すだけで劇的に美味しくなったりしませんか?
それと同じで、離乳食だって適量の調味料が素材の味を引き立ててくれると思うんですよね。
実際にうさこだって全然塩をしてない料理よりも、ちょっとだけでも塩したものの方を美味しそうに食べますからね。
濃すぎちゃ絶対だめだけど、適度な調味料ならOKだと、私は信じて作ってます。
 
そうそう、レシピは2個分の分量で書きましたけど、それは1個分だと卵が半分あまってしまうからです。
夫のお弁当に卵焼きを入れる日だったらそこから1個分をよせておきますけど、だいたいは2個作っておいて、翌日レンジで温めてうさこに食べてもらってます。
 
ただいま手づかみ食べの猛特訓中のうさこ。
今度は手で持って食べる何かを手作りしてみたいです。

| | コメント (2)

離乳食用ホットケーキ

うさこのお気に入り離乳食であるホットケーキです。
うさこはこれが大好物!
あまり毎日同じ食べ物を与えない方が良いって育児書には書いてあったけど、やっぱり毎日活用しちゃっているレシピです。
Dscn0787私が使っているのはpal*systemのホットケーキミックスですけど、これはよっぽどのことが無ければ違うメーカーでも良いと思います。
 
分量は適当に混ぜ合わせちゃっています。
何故かと言うと、例えば果物を使う場合の果汁の量とかがそれぞれ微妙に違うし、月齢によっても柔らかさを変えるからです。
離乳中期頃はまだ柔らかい状態にしていたので、生地もとってもユルかったし、焼き上がりもべたべたしていました。
Dscn0791目安としては、リンゴ1/8個(すりおろし)にケーキミックス大さじ2、水大さじ1と1/2杯、粉ミルク(またはフォローアップミルク=要するに牛乳の代替)適量です。(たまごは入れなくても十分美味しいです)
これを混ぜてテフロン加工のフライパンなら油をひかずに弱〜中火で焦げないように焼きます。
カレースプーンや大さじで1杯分を目安に量って焼くと良いです。
モチモチした食感で、大人の私もうさこと一緒に食べたりしています。
このホットケーキは入れる具材を変えるだけでいろんな味にアレンジ出来るので、私もたくさんチャレンジしましたが、うさこが一番気に入っているのは「りんご」でした。
他にもpal*systemで扱っている裏ごしされたにんじんや、かぼちゃ、バナナやヨーグルトも混ぜてみましたけど、やっぱりりんごの時は目の輝きが違います!
眠いのと空腹すぎてギャンギャン泣いていた時に、何をやっても泣き止まなかったことがあるんですが、このホットケーキを見せたら泣き止み、クチに入れたら笑い出したことがありました。
あかちゃんせんべいやチーズでもダメだったのに、ホットケーキパワー恐るべし!!
Dscn0788今はうさこももう11ヶ月になったし歯も8本も生えたので、大人が食べるくらいの食感に焼いてます。
それから、すりおろしだけじゃなくて角切りりんごも入れたりしています。
天気の良い日はタッパーにこのホットケーキを何枚か入れて、麦茶を持ってちょっと遠くの運動公園までお散歩です。
これさえあればとりあえずは大丈夫!なレシピなのでした。

| | コメント (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »