○○のキッシュ(離乳食)

うさこももう11ヶ月を迎えました。
離乳食は1日3回食べています。
離乳食を始めたばかりの頃は重湯をスプーン1杯与えるだけだったのに、今は小さなバナナなんかペロリと完食しちゃう勢いsweat01
それも1日3回だからメニューを考えるのが大変です。
いつも同じ野菜粥とかうどんだと、一応最後まで食べてはくれるけど、上目遣いで私をチラリと見たりします。
「もっと違う食事が食べたいんだけどなぁ〜」
と言っているように感じるのは私の被害妄想でしょうか?
もっとレパートリーを増やさなきゃ!ってことで、手持ちの離乳食レシピの中から「キッシュ」を作ることにしました。
Dscn0913_2もともと「そら豆のキッシュ」として掲載されていたレシピですけど、そら豆なんて・・・そんな季節性の強い食材を毎度手に入れられないじゃないですか?
作りたい時にすぐ手に入る、どうせならその時冷蔵庫にある食材で作りたい!!
ということで、今回はアスパラガスを使って作ってみました。
 
* 材料・2回分 *
食パン 適量(パン耳を取った8枚切りを1枚くらいかな)
全卵 1個
ミルクまたはフォローアップミルク 適量(大さじ1程度)
粉チーズ 小さじ2
茹でアスパラガス 適量(細かく刻む)
お好みで塩少々
作り方は簡単で、耐熱皿(ココット皿が便利)にパンをちぎりながら敷き詰め、残りの材料を全部良く混ぜ合わせたものをパン全体が染みるようにかけていきます。
それを魚焼きグリルやオーブンレンジなんかで表面に焼き色が付くまで焼きます。
それだけ。
 
調味料についてですが、私はどの食事にもほんの少量の塩を振っています。
赤ちゃんの食事は出来るだけダシの味だけで作りましょうとか、素材の味を生かしましょうとか、そういう指導が主流だと思うんですけど、うさこの通う小児科のお医者さんは「ん〜、出来るだけ控えた方が良いけど、あんまり濃い味じゃなければいーんじゃぁないのかなぁ〜」と言ってました。
ちなみに10ヶ月の時に検診で行った時、先生は「もう何でも食べさせちゃっていいよ」って言ってたし。
・・・うちの先生ってザックリしてるんですよ、結構。
あ、もちろんハチミツ・そば・ピーナッツ・生魚などはまだまだ与えちゃダメだって言ってましたけど。
 
味付けに関しては私も以前からいろいろ考えていたんですけどね、例えばあんこを作る時には結構な量の塩を使うじゃないですか?
あれが無いとまっっっったく美味しくないあんこになっちゃうんですよね。
それから味付けの薄い野菜スープなんかも、ちょっとだけ塩を足すだけで劇的に美味しくなったりしませんか?
それと同じで、離乳食だって適量の調味料が素材の味を引き立ててくれると思うんですよね。
実際にうさこだって全然塩をしてない料理よりも、ちょっとだけでも塩したものの方を美味しそうに食べますからね。
濃すぎちゃ絶対だめだけど、適度な調味料ならOKだと、私は信じて作ってます。
 
そうそう、レシピは2個分の分量で書きましたけど、それは1個分だと卵が半分あまってしまうからです。
夫のお弁当に卵焼きを入れる日だったらそこから1個分をよせておきますけど、だいたいは2個作っておいて、翌日レンジで温めてうさこに食べてもらってます。
 
ただいま手づかみ食べの猛特訓中のうさこ。
今度は手で持って食べる何かを手作りしてみたいです。

| | コメント (2)

離乳食用ホットケーキ

うさこのお気に入り離乳食であるホットケーキです。
うさこはこれが大好物!
あまり毎日同じ食べ物を与えない方が良いって育児書には書いてあったけど、やっぱり毎日活用しちゃっているレシピです。
Dscn0787私が使っているのはpal*systemのホットケーキミックスですけど、これはよっぽどのことが無ければ違うメーカーでも良いと思います。
 
分量は適当に混ぜ合わせちゃっています。
何故かと言うと、例えば果物を使う場合の果汁の量とかがそれぞれ微妙に違うし、月齢によっても柔らかさを変えるからです。
離乳中期頃はまだ柔らかい状態にしていたので、生地もとってもユルかったし、焼き上がりもべたべたしていました。
Dscn0791目安としては、リンゴ1/8個(すりおろし)にケーキミックス大さじ2、水大さじ1と1/2杯、粉ミルク(またはフォローアップミルク=要するに牛乳の代替)適量です。(たまごは入れなくても十分美味しいです)
これを混ぜてテフロン加工のフライパンなら油をひかずに弱〜中火で焦げないように焼きます。
カレースプーンや大さじで1杯分を目安に量って焼くと良いです。
モチモチした食感で、大人の私もうさこと一緒に食べたりしています。
このホットケーキは入れる具材を変えるだけでいろんな味にアレンジ出来るので、私もたくさんチャレンジしましたが、うさこが一番気に入っているのは「りんご」でした。
他にもpal*systemで扱っている裏ごしされたにんじんや、かぼちゃ、バナナやヨーグルトも混ぜてみましたけど、やっぱりりんごの時は目の輝きが違います!
眠いのと空腹すぎてギャンギャン泣いていた時に、何をやっても泣き止まなかったことがあるんですが、このホットケーキを見せたら泣き止み、クチに入れたら笑い出したことがありました。
あかちゃんせんべいやチーズでもダメだったのに、ホットケーキパワー恐るべし!!
Dscn0788今はうさこももう11ヶ月になったし歯も8本も生えたので、大人が食べるくらいの食感に焼いてます。
それから、すりおろしだけじゃなくて角切りりんごも入れたりしています。
天気の良い日はタッパーにこのホットケーキを何枚か入れて、麦茶を持ってちょっと遠くの運動公園までお散歩です。
これさえあればとりあえずは大丈夫!なレシピなのでした。

| | コメント (0)

バナナ風味のホットケーキ

最近お昼にホットケーキを食べることがあります。
そんなに頻繁じゃないけど、市販のホットケーキミックスだと簡単に美味しく作れるので重宝します。
でも、いつも同じ味じゃつまらないですよね。
いくら美味しく粉が配合されているとはいえ、もっと違う味にならないかなーと考えていた時にふとひらめきました。
bananaバナナ味のホットケーキbanana
Img_0532
今年の夏にフードミキサーを頂いてから、ほぼ毎日のようにバナナジュースを作り続けているんですけど(良く飽きないもんだと我ながら感心)そのジュースはそもそも牛乳で出来ているわけなんだから、ホットケーキミックスに牛乳の代用品として使えないもんか?と思うわけですよ。
でも本当に大丈夫なのかなーとウダウダ悩んでいたんですが、そんなのやってみなきゃわかんないわけですからね、重い腰をとうとう上げて、昨日チャレンジしてみましたscissors
 
今回使ったホットケーキミックスは、200gの粉に対して150ccの牛乳を加えるように書いてありましたから、最初は表示通りに生地を作ってみました。
でもやぱり思った通り、生地がとてもモッタリしてしまい、このまま焼いても絶対失敗するよね!って感じなんですよ。
だからプラス50ccの牛乳を追加で加えてみるとさっきよりは生地の状態が良くなったので、いざフライパンで焼くことにしました。
でも、バナナジュース自体が自家製じゃないですか?
作るたびにジュースの濃度も違うわけだから、生地の状態は作る人の感覚で調整して頂くしかなさそうです。
助言できるとすれば「あんまり細かいこと気にしないでガッと思い切って作ってみて!」ですrock
 
それでも生地はプレーンのものよりもモッタリしていて、フライパンに流し入れてもあまり広がらないし厚みも出ました。
だから火加減に注意しないと中まで火が通る前に表面が黒こげになっちゃうんです。
焼くときはやや弱めの中火が良いと思いました。
あ、それから生地の混ぜ具合ですが、あんまりコネコネコネコネしているとガッチリしたホットケーキになっちゃうんですよ。
かといって混ぜが足らないのも美味しくないんですけど・・・。
私は極力混ぜるのを少なくして焼いています。
その甲斐あってか今回のホットケーキもふんわりサクサクに仕上がりましたheart04
 
味は、ふんわりほのかにバナナの香りがして、とても美味しかったです。
「バナナ味のホットケーキ」というよりも「バナナ風味のホットケーキ」ですね。
これに焼きバナナとか生クリームなんかをトッピングしたら・・・。
あぁ、夢のようなスイーツが出来上がるんじゃないかしらshinelovelyshine
しかし焼きバナナの作り方がわからない。
後で調べてみようかなぁ。
でもホットケーキを焼いたうえにバナナも焼いて、おまけに生クリームをホイップ???
考えただけでも腰がグッと重くなりますよねーgawk
子供が家にお友達を連れて来るようになったらやってみようかなぁ。
あ、余ったホットケーキはラップに包んで冷凍すれば小腹がすいた時のおやつになります。
だから私はいつも小さめに焼きます。
 
ホットケーキの焼き方ですが、いざ焼こうと思うと「美味しく焼く方法って???」って思ったりしませんか?
私もあまり上手に焼けるほうではありませんが、一応自分が実践している方法を書いておきます。
○生地はあまりコネず、さっくり混ぜる。
○ミックス粉ではなく、自分で粉を配合する場合は、混ぜた後に1時間ほど生地を休ませる(面倒くさーい)
○火加減は中火か少し弱い中火。
○フライパンに生地を流し、フツフツと気泡が現れて、キツネ色の焼き色が付いていればひっくり返す。
○ひっくり返した生地は絶対上から押さない!!
○生地は何度もひっくり返さないで焼き上げる(焼き肉と一緒!)
・・・ここまで書いてみると、アンタはホットケーキ奉行か?!と突っ込まれそうなこだわり様ですねsweat02
ちなみに、同じホットケーキミックスでドーナツも作れるんですけど、この場合の生地はよーくコネてください!
初めてドーナツを作った時に、生地はサックリ混ぜるもんだと思って作ったら、生地の中に揚げ油がガッツリ染みちゃって、とてもまずいドーナツになっちゃいました。
 
さて、バナナ風味は美味しく出来ることがわかったし、次は何にチャレンジしようかなー。
手軽なところでココアとか、インスタントコーヒーとか?
夢は広がりますhappy01

| | コメント (2)

サムジャン味噌

最近私の中で、にわかに韓国ブームが巻き起こっています。

韓国ドラマ「食客」を見ているせいもあるでしょうが、なにげなく目にするテレビにも韓国料理のレシピが取り上げられていたりするんです。

この間はコウケンテツさんが韓国味噌(今回はサムジャン味噌)の作り方を紹介していました。

自宅にある食材で出来そうだったので、早速作ってみました。

Photo 材料は、コチュジャン大さじ1、砂糖小さじ1/2、味噌大さじ1、レモン汁小さじ1/2、ごま油小さじ1/2、長ネギ適宜(みじん切り)です。

これをただかき混ぜるという簡単なものです。

前にも触れましたが、この味噌の中にもヤンニョムを加えると美味しいんだと思うんです。

ヤンニョムとはしつこいようですが「たまねぎ・長ネギの白い部分・リンゴをミキサーで細かくして混ぜ合わせた物」です。

コウケンテツさんが言う「砂糖」とは、リンゴの甘みの代用なのかな?と思ったりしているんですが、本当のところはわかりません。

今回はこの味噌をサニーレタスに付けて食べてみることにしました。

Photo_2本当は、サニーレタスではなくサンチュで、シソの葉のところをエゴマの葉なんだと思うんです。

しかも茹で豚肉のところは焼肉(カルビとか)なんじゃないかな?とも思うんですが、無いもんは無いんだから仕方ない!

今ある食材で何とかするしかないのです。

モヤシのナムルとサムジャン味噌を作ったということで、韓国度数は50%くらいでしょうかねdelicious

もやしのナムルは、茹でたモヤシにごま油と白ゴマをまぶして塩で味付けたものです。

左上の方に見えるのはご飯。

鶏ささみを茹でた時に出たスープとショウガの千切りを加え、酒をたらして炊きました。

その下に見えるのは茹でモロヘイヤ。

これは今回の料理にはいまいちだったので、おすすめしませんsweat02

Photo_3こういった食材をサニーレタスに巻いて食べます。

写真にはご飯が乗っていませんが、本当はご飯も巻くと美味しいです。

「美味しかったらマシソヨーって言うんだよ」と、私が夫に言ってはみたものの、実際に食べてみたらそんなこと言って遊んでいる余裕なんか無いくらいに美味しかったので、あっという間に完食でしたrestaurant

野菜もたくさん摂れるし、ピリ辛で夫のビールもすすむんですが、少し食べたところで母乳が辛くなっちゃうことに気づきました。

でも結構たくさん食べちゃったし・・・。

ごめんよ、うさこ。

耐えろ、うさこ。

あなたのお母さんはダメな人ですweep

これからは気をつけようと思います。

| | コメント (0)

韓国語の夢を見た(チヂミ)

アニョハセヨー。

9月に入って全然ブログの更新をしていないさくらです。

何をしていたかというと、韓国ドラマ「食客」を見ていました。

Photoしかも朝から晩までです。

我が家ではwowowを契約してるんですけど、そのwowowでこのドラマを1日に5話くらい放送してるんですよ。

さすがにそれをリアルタイムで見続けるのは無理なので、録画して見てるんですが、それにしたって1日5話はきつい。

とにかく時間が空いたら食客。

ちょっとの合間に食客。

眠い目こすって食客なのです。

特別に韓国ドラマが好きというわけでも無いんですが、テーマが食べ物だったし、もしかして劇中で料理のヒントとかレシピとか出てくるかもしれないなと思って見始めたんですが、これがまた面白くてのめり込んでます。

ところが先日、夢の中で自分がとうとう韓国語を喋ってたんですcoldsweats02

韓国語なんて全く喋れない私が、劇中の厨房に立って韓国語を喋ってた!

恐るべし食客パワー・・・。

しかも朝から晩まで美味しそうな韓国宮廷料理を見続けているので、無性に韓国料理が食べたくなって来る・・・。

その発作が出たのが、牛肉料理対決のエピソードの辺りでした。

とにかく韓国焼肉が食べたい。

ユッケが食べたい。

「骨付きカルビを食わせろー!」状態になってました。

でも今は生後3ヶ月に満たない赤ちゃんの育児中ですから、焼肉店に行くなんて無理。

その日は何とかその溢れる食欲を抑えたんですが、翌日主人公が「シジミのチヂミを作ろう、イェーイ!」って言ってたのを見て私の中の何かがプチっとはじけ飛びました。

Photo_2

シジミのチヂミって何だよ?

ダジャレ?

いや、韓国語ではダジャレじゃないのかなぁ・・・。

それにしてもチヂミにシジミの風味ってどんなだろう?美味しいのかなぁ。

そんなことをツラツラと考えていたら、この際自分でチヂミを作っちゃえ!という具合です。

* 材料 生地 *

小麦粉 200g

塩  小さじ1/2

卵 1個

水 250cc

ごま油 大さじ2

* 材料 具 *

ニラ・長ネギ・にんじん(千切り) 適宜

その他メインになる食材 適宜

白ゴマ 大さじ1

この場合、メインになる食材はシジミなわけですが、残念ながら我が家にシジミのストックは無かったので、数日前に作っておいた鶏ササミの茹でほぐした物をメインに入れました。

* 材料 タレ *

ポン酢 大さじ5

砂糖 大さじ1

粉唐辛子 小さじ1/2

ごま油 大さじ1/2

ニラ・わけぎなどのみじん切り 適宜

作り方は、まず生地の材料を混ぜ合わせます。

粉がダマにならないように注意しなきゃならないんですが、私はダマになりまくりでした。

誰かダマにならない方法を教えてくださいcoldsweats01

この生地は、少し寝かせた方が良いようです。

3時間くらいかな?

混ぜてすぐでも大丈夫だけど、生地が落ち着いて美味しいんだと思います。

出来上がった生地にニラ・長ネギ・にんじんを加えます。

ここでメインの食材も加えて混ぜ、フライパンで両面をこんがり焼きます。

タレに付けて食べたらマシソヨーheart04

このタレは、ヤンニョムを加えて食べるともっと美味しいと思います。

ヤンニョムとは、たまねぎ・長ネギの白い部分・リンゴをミキサーで細かくして混ぜ合わせた物。

以前キムチ作りを習った時に記事内で少し触れましたが、詳しいレシピは載せていません。

いやー、それにしても自家製チヂミは美味しいです!

それにここ数日ずっと韓国料理が食べたかった欲求もようやく満たされました。

本当はカルビタンとかトッポギとかガツガツハフハフ食べつつ、上質肉をジュージュー焼きたかったんですが、これはもう少しの間おあずけです。

このドラマを見ていて思ったんですが、チヂミは基本の生地さえ作ってしまえば後はその時食べたい食材を入れればOKなんですよね。

チゲも同様で、食べたい具材を入れれば出来上がりなわけです。

劇中で、料理は科学だって言葉が出てきましたが、まさにその通りだなって思いました。

さて、ドラマ「食客」も後半になってきて、今後の展開が気になって仕方ありません!

舞台になっているレストラン「雲岩亭」もどうなっちゃうのかハラハラだし、恋愛模様も気になります。

ブログの更新がされていない間は「あー、さくらはドラマにはまってるんだな」と思ってください。

| | コメント (0)

ツナとゴーヤの和え物

昨日の散歩で行った私の実家で、夏野菜をたくさんもらいました。

その中にゴーヤもあったんですが、いつもチャンプルーばかりなのも飽きるので、さっぱりと和え物にすることにしました。

Photo

* 材料 *

ゴーヤ  1本

ツナ缶  1缶

マヨネーズ  適量

レモン果汁  適量(小さじ1/2程度)

塩  適量(小さじ1/2程度)

ブラックペッパー  適量

* 作り方 *

1)ゴーヤの綿と種を除いて薄切りにします。

2)①をシャキシャキ感を残す程度に軽くお湯で湯がいてザルに上げて水分を切ります。

3)ツナ缶の油を良く切り、②と合わせてマヨネーズ・レモン果汁・塩・ブラックペッパーを加えて和える。

以前はコンビーフで作ったんですが、我が家にストックが無かったので、手軽なツナで代用してみました。

これが結構美味しい!

ボンヤリした味になると美味しくないので、塩はちょっとキツめで良いと思います。

お好みの塩加減を見つけてみて下さい。

またマヨネーズの量ですが、目分量なので大さじ表記をしていません。

これも自分の好きな量を見つけて下さい。

こんな適当なレシピで良いのかな?

ま、いいですよねcoldsweats01

| | コメント (2)

鶏肉の黒酢煮

先日、自分の両親に内祝いとして圧力鍋を贈りました。

フィスラーのニュービタクイックです!

といっても、キッチン用品に興味の無い人には意味不明な言葉なんでしょうが、

私にとっては憧れの圧力鍋です。

母がずっと前から圧力鍋が欲しいと言っていたので贈りましたが、それがきっかけで私も久しぶりに圧力鍋を使った料理を作ろうかと思ったので、鶏肉を煮ることにしました。

骨付きの鶏肉を黒酢で煮るんですが、味付けがさっぱりしていて美味しいんです。

* 材料 *

骨付き鶏肉  10本程度

生姜 ひとかけ

にんにく ふたかけ(無かったのでパウダーで代用)

サラダ油 適量

(調味料) 黒酢・しょう油・砂糖 各1/2カップ

* 作り方 *

1)圧力鍋にサラダ油適量を熱して生姜・にんにくを加え、鶏肉の表面に焼き色を付けるように焼く。

2)鶏肉に焼き色が付いたら調味料を加え、圧力鍋の蓋をして5分圧力をかける。

3)5分経ったら火を止めて、ピンが下がったら蓋を開けて、肉と煮汁と絡ませながら少し煮て完成。

本当は一緒に付け合せを煮ると良いみたいなんですが、面倒なのでやめました。

Photo でもサラダを付け合せるとなかなかでしょ?

骨付きの鶏肉って、スーパーでは安価で手に入りますよね。

なのに圧力鍋を使うととっても美味しい料理になっちゃうから、給料日前なんかにはもってこいのレシピかもしれません。

ちなみに、私の持っている圧力鍋はフィスラーではなく、親戚の結婚式でもらったカタログギフトで選んだ鍋です。

これもなかなか良い物なんですが、実家でフィスラーを使わせてもらったら・・・雲泥の差なんですよ!

さすがはフィスラーって感じ!

すぐにピンが上がってくるし、超弱火にしても圧力が下がらない。

ニュービタクイックはおもりが振れるタイプでは無いので静か。

母に「これ、いらなくなったらすぐに私が引き取るからね!」と言ったら、

「いやだ」と即答されました(そりゃそうだ)

そんな母が一番最初にフィスラーの圧力鍋で調理した料理はというと、ご飯でした(笑)

何を隠そう私も最初はご飯を炊きましたから、笑えないんですけどね。

電気炊飯器だと炊き上がりまでに小一時間かかるのに、圧力鍋だと加圧がたったの3分で済んじゃうので母はビックリ!

しかも美味しい!

炊き上がったご飯を2人で試食しながらキャーキャー言っていたら、そこに父がやって来て、「そんなたいそうな鍋で何を作ってるかと思ったら米を炊いてるのか?」と皮肉っぽいことを言われてしまいました。

でも、1週間後に実家に行ったら、あの日炊いたご飯を父がたいそう気に入って、それから毎日圧力鍋でご飯を炊いていると言ってるんです。

私があげたのは圧力鍋であって、炊飯器じゃないんだけどなぁ・・・coldsweats01

まぁ、気に入って使ってくれているんだし、良しとしますかね。

そうそう、圧力鍋で骨付き肉を調理すると、肉がホロホロと骨から外れるんです。

感動です。

あ、それから、今回は我が家の冷蔵庫に骨付き肉が6本しか無かったので、追加で鶏胸肉を使いました。

写真で見ると、骨付き肉の奥にある肉がソレです。

鶏胸肉は美味しくないわけでは無いですが、やっぱり煮物にすると硬くなっちゃうので、あまりおすすめは出来ません。

作るならやっぱり柔らかい部位の肉を選んでくださいね。

| | コメント (0)

アジの多国籍風マリネ

最近はなまるマーケットを見ることが多いです。

実は3月に仕事を辞めたんですよ。

いや、最近流行っている何とか切りとかじゃなくて、一応円満ってことでhappy01

だから現在はのんびり専業主婦をしているので、はなまるマーケットを見ることも可能なんです。

話は本題に入りますが、昨日のはなまるで柴田理恵さんの「しばた亭」という新しいコーナーが始まりました。

その中で紹介されていたアジの多国籍風マリネという料理が美味しそうだったので、早速作ってみました。

レシピははなまるマーケットのサイトでチェック出来るんですが、一応念のため簡単に紹介しておきますね。

Photo

* 材料 *

アジ 2尾 * 3枚におろして皮を剥ぐ (私はお店でさばいてもらっちゃってます)

塩 小さじ1/2

大葉 10枚 (私はもう少し少なかったかなぁ)

ポン酢 大さじ3

EXオリーブオイル 大さじ3

黒こしょう タップリめに適量

* 作り方 *

1) 3枚におろして皮を剥いだアジの両面に塩を振って20分置き、浮いてきた水分をキッチンペーパーで丁寧に拭き取る。アジの生臭みが取れるそうです。

2) ポン酢とオリーブオイルを合わせたものを良く攪拌してマリネ液を作る。

3) ①をバットに並べ、細切りにした大葉をタップリ乗せ、更に黒こしょうをタップリかける。

4) ③に②のマリネ液を上からかけ、アジに良くまぶし、落としラップをして冷蔵庫で3時間以上漬け込む。

5) 食べやすい大きさに切って器に盛り付け、上から大葉を飾って出来上がり。

と、はなまるマーケットサイトに掲載されているレシピとほとんど同じですsweat01

ごめんなさい。

お味の方は本当に美味しいっ!!

ビックリするくらいに美味しかったです。

実は番組内で柴田さんが言ってましたが、このレシピは柴田さんオリジナルのものではなくてタモリさん考案なんだそうです。

タモリさんといえば料理の腕前は相当なものだと聞いたことがあります。

そんな人が考えたレシピ、そんな人が食べている料理・・・!

興味ありますよね。

実際に自分で作って食べてみて、本当に美味しかったので、ちょっと感動しちゃいました。

「あー、この味をタモリさんも柴田さんも食べたんだー」とか(笑)

夫にも大好評でした。

お酒のおつまみとして紹介されていましたが、ご飯のおかずにもなりますよ。

相性の良いお酒は・・・日本酒とか焼酎とかかなぁ。

夫はビールでしたけど。

アジはお寿司屋さんとか料亭でなら生でも食べますけど、自宅で調理するのはちょっとだけ抵抗がありました。

傷みやすい魚ってイメージがあるから。

でも塩を振ったり、黒こしょうをタップリ効かせることで生臭みをおさえているので、とても食べやすかったし本当に美味しかった。

このレシピはとっても気に入ったので、これからも作ろうと思います。

| | コメント (2)

フレンチトースト

最近の金曜日の夕方は、仕事の帰りに近所のパン屋さんでパンを買って帰るのが日課になっています。

翌日はそのパンを朝食に食べるんですよ。

でも、今週はいろいろあって、買ったフランスパンを食べきることが出来なくて、結局硬くなっちゃったんですよ。

硬いフランスパンは美味しくないですよね。

たまたま翌日も同じパン屋さんに行ったので、

「昨日買ったパンが硬くなっちゃったんですけど、美味しく食べられる調理法を教えてください」って質問をしてみたんです。

言いながら、何か凄いこと聞いちゃってるかもしれないって思ったんですけど、パン屋のおじさんは快く教えてくださいました。

いくつか教えてもらったんですが、その中で一番ポピュラーなレシピはフレンチトーストだったので、それを実践してみました。

とはいえ材料は適当に配合しちゃったので、適当に紹介しますね。

Photo ボウルに砂糖を適量と牛乳を入れて混ぜます。

そこに厚さ1センチくらいに切ったフランスパンを入れて良く牛乳に浸します。

と、そこで卵も必要だったことに気づいたので、急遽別ボウルに卵1個を割りいれて、溶きほぐします。

フライパンにバターを弱火で温めて、牛乳に浸したパンを溶き卵にくぐらせてからフライパンで弱火で焼きます。

こんがり焼き色がついたら出来上がり。

写真は硬くなったパンとフレンチトーストです。

硬いままだと美味しくなかったパンも、フレンチトーストにするとずいぶんサイズが大きくなりますね。

味は最高shine

ふっわふわで甘くて美味しいです。

牛乳200mlくらいに対して砂糖が15gくらいだったと思います。

あとはちみつを大さじ1程度入れました。

甘くないフレンチトーストにしたい場合は、砂糖を加えずにオリーブオイルで焼くと良いそうです。

パンの両面に塩コショウをしっかりして焼けば美味しそうですよね。

パン屋さんが言うには、硬くなったパンは蒸し器で蒸してからトーストしても良いそうです。

そうすると外がカリカリで中がふんわりするんだって・・・別のパン屋さんが言ってたって言ってました(笑)

自分では試したことが無いそうですから、本当に美味しく出来るかどうかは不明です。

本当は、パンが固くなる前に食べやすい大きさに切って冷凍するのがベストなんですよね。

でもそれが面倒だなーと思っているうちに硬くて美味しくなくなっちゃうんですよ。

またそういうパンが出来ちゃった場合は、フレンチトーストを作ってみようと思います。

| | コメント (4)

ズッキーニのパスタ

先日頂いた巨大ズッキーニの残り半分を、今日はパスタにしてみました。

とっても美味しかったラタトゥイユをもう一度作ろうかなとも思いましたが、それも芸が無いですもんね。

今回の材料は、ズッキーニ1本・ツナ缶詰1缶・パセリ少々・ニンニク1かけ・鷹の爪適量・オリーブオイル適量・塩適量・パスタ2人前分です。

本当はパセリではなくてセロリを使うんですけど、昨日スーパーでセロリを買おうと思ったらすっごく古いセロリしか無かったので、今回はパセリで代用したんです。

作り方は普通のオイルパスタの要領なんですが、ズッキーニ(とセロリ)は5㎜角程度に刻んでおくのがポイントのようです。

熱したフライパンでオリーブオイルとニンニクを香りが出るまで弱火で炒め、そこへ刻んだズッキーニを加えてこれまた弱火で炒めます。

塩もこのタイミングで加えておきます。

ズッキーニは、生のままだとかなりの量に感じますが、炒め続けているとしんなりとして来るので、出来上がりの頃には丁度良い量になると思います。

セロリを使う場合はズッキーニと同じタイミングで加えてしまって良いと思いますが、今回は生パセリなので、もう少し後に加えてみました。

弱火~中火でだいたい8分以上も炒めていると丁度良い具合になるので、オイルを切ったツナ缶を加えます。

私はいつもツナはしっかり火を通してパサッとさせるんですが、参考にしたレシピにはあまり火を通すとボソボソになると書いてあったので、一応レシピに忠実に作ってみます。

ツナを加えたらおたま1杯分くらいのパスタの茹で汁を加え、弱火でソースにしていきます。

この時に一気に加えるよりも少しずつの方が良いようです。

刻んだ生のパセリを加えてから味を見て、茹で上がったパスタを加えて和えて出来上がりです。

ズッキーニのパスタ

▲さっぱりと夏らしいパスタです。

出来上がりはなかなかGoodですgood

でも、やっぱりこのパスタはパセリよりもセロリだなぁ。

セロリの爽やかな風味が加わったらどんなに美味しいだろうと考えながらペロリと完食ですrestaurant

まぁ、結局は美味しかったってことですねbleah

これで頂いたズッキーニは全部使い切ってしまいました。

もらった時にはうんざりするくらい大きかったズッキーニだけど、美味しかったし、新しい料理にも挑戦が出来ました。

先輩、また私にズッキーニ持ってきてくれないかなぁ~。

そんな他力本願なことは期待せず、本当に食べたくなったら今度はちゃんと買おう(笑)

| | コメント (2)